遺言書作成の事例

状況

A氏は再婚しており、妻とその連れ子である娘Bがいます。

娘Bとは養子縁組もしているが、A氏には前妻との間にCとDの2名の子がいるという状態です。

先日A氏は病に倒れてしまい、
余命が少ないことを知ることとなったが、妻が病弱で看病も必要なことから、自宅を娘であるBに残したいと思っています。

今回、その想いを実現するために遺言書作成を検討され、相談に来られました。
<相続関係図>
jirei13515.png
 

ご提案と解決

相続財産は基本的に自宅のみであったため、相続税の心配はないと判断しました。

しかし、前妻との間にできた子二人にも相続権があるため、A氏の意向を確実にするためには、遺言を残すことが最善の策であるとアドバイスをいたしました。

しかしながらA氏の判断能力は十分な状態にあったが、字を書くことが困難な身体状況であったため、公正証書遺言書を作成することとしました。

時間的な猶予がないことから、公証人には早急に病床まで出張していただくとともに、遺言作成に必要な証人2名は職業上の守秘義務を有する当事務所の職員をたてることとして、無事に公正証書遺言書を作成することができた。
 
その後、間もなくA氏は他界されましたが、A氏の意向通り相続手続きが完了されました。

 

 

 

相続のご相談受付中(福岡県内全域対応!)

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。お電話またはメールにてご連絡ください0120-947-626

無料相談実施中!受付時間 平日9:00~18:00

  • 料金表
  • 事務所概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声
  •  

Copyright © 福岡相続相談所 橋脇誠税理士事務所  橋脇 誠 九州北部税理士会 登録番号:60967 〒812-0016 福岡市博多区博多駅南1-8-6 第5ガーデンビル5F 092-482-7717 All Rights Reserved.