名義預金とは


名義預金とは、配偶者や子・孫などの名義で預金されているが、実質的には被相続人の預金(相続財産)と認められるものを言います。 
 
例えば、生前に娘や孫の名義で口座を作り、コツコツとお金を残していても、実際は父が管理しているため「父の財産」として相続財産の一部になってしまうのです。
 
「生前贈与」はその方法が間違っていたため、そもそも「贈与」として認められず結果的には全て無効となってしまいます。
これは、生前贈与の典型的な注意点を理解していないよくある失敗例です。
 
また、その財産が相続に関係するとなってくると、相続財産の合計が変わり、相続税を払わなければならなくなります。

そのため、名義預金には注意が必要なのです。
 

銀行の名義変更

 
預貯金の名義変更についての説明や各種手続についてまとめました。
どうぞご参考になさって下さい。
 
被相続人の名義である預貯金は、遺産分割協議がまとまっていない時点で一部の相続人が預金を勝手に引き出すことが禁止されています。 

このため、被相続人の死亡を銀行などの金融機関が確認すると預金の支払いが凍結されます。
 
凍結された預貯金の払い戻しを受けるための手続きは、遺産分割が行われる前か、行われた後かによって異なります。 
 

名義変更に必要な具体的な手続き

被相続人名義の預貯金は、金融機関が被相続人の死亡を確認したときから、預金の取り扱いが凍結されます。 
これは、一部の相続人が許可なく預金を引き出したりすることを防止するためです。 

このように凍結された預貯金の払い戻しができるようにするためには、遺産分割協議書を作成する必要があります。 
 
ほとんどのケースは預貯金だけでなく、不動産なども発生することがあるので、しっかり遺産分割協議書を作成する必要があります。 
 
また、亡くなった人と、相続人全ての戸籍を集める必要があり、これらは煩雑な手続になります。 

遺産分割協議書を作成する上では戸籍を収集し、相続人を確定するという作業が必須です。 

 

 

相続のご相談受付中(福岡県内全域対応!)

サービスに関するご質問・お見積もりのご依頼は無料です。お電話またはメールにてご連絡ください0120-947-626

無料相談実施中!受付時間 平日9:00~18:00

  • 料金表
  • 事務所概要
  • 専門家紹介
  • お客様の声
  •  

無料相談会実施中!0120-947-626 受付時間 平日9:00~18:00

図1.png

料金表

スタッフ紹介

アクセス

【橋脇誠税理士事務所】相続小冊子バナー200ppx.png

 

Contents menu

事務所概要 橋脇誠税理事務所 福岡県福岡市博多区博多駅南1-8-6 第5ガーデンビル5F福岡県福岡市博多区博多駅南1-8-6 第5ガーデンビル5F

accessside.png


 

blog.png

 

対応エリア

Copyright © 福岡相続相談所 橋脇誠税理士事務所  橋脇 誠 九州北部税理士会 登録番号:60967 〒812-0016 福岡市博多区博多駅南1-8-6 第5ガーデンビル5F 092-482-7717 All Rights Reserved.